≪技術情報≫ 溶射プロセス

 ・現在、各種の溶射プロセスが開発、実用化されています。
  各プロセスの特徴と限界を的確に把握し、溶射設計する事が基本であります。

・用  途
  重厚長大産業から軽薄短小産業まで、その用途は多岐にわたっています。
  技術革新の著しい今日、その用途は無限です。

基  本  構  造 皮 膜 断 面 組 織





2-C22を熱源として、圧縮空気で溶射する。





2-C22で溶射したあと、加熱溶着する。





プラズマジェット(高温、高速)を熱源として高融点材料を溶射する。








2-C36(又はH2)のガス燃焼フレームを熱源として、超音速(約1380m/秒)のガスジェットで、主に高硬度材料を溶射する。









移行式プラズマアークを熱源として、高合金粉末を低希釈で溶接する。

ひとつ前の画面へ移動

Copyright2010 FUJIKIKOSAN CORPORATION All right reserved