ワイヤー溶射(肉盛溶射)防食溶射)

メンテナンス技術として・・・・・  廃却部品が蘇る!!!
部品の表面に肉盛溶射を施工する事により、部品のリサイクルが可能になります!!

酸素と可燃性ガスとの燃焼炎を用いてワイヤー状の金属系溶射材料を加熱し、溶融またはそれに近い状態にして素材に吹き付けて皮膜を形成する溶射です。

シャフトへの肉盛溶射

肉盛溶射は、機械部品の摩耗した部分や寸法不足の部分の機能を損なわないように修復するのに適しています。
また防食溶射には、素材金属に錆が発生するのを防止する、耐防錆溶射としての亜鉛・亜鉛アルミニウム合金溶射があります。

各種産業で防錆・防食を目的としワイヤー溶射が施工されています!!
煙突への防食溶射

ワイヤー溶射(肉盛)の技術情報へ移動  ひとつ前の画面へ移動

Copyright2010 FUJIKIKOSAN CORPORATION All right reserved